介護サポート

病気や加齢によって介護が始まった時に、まず介護保険の申請とケアマネを決めます。

入院中であれば病院で手配をしたり、病院から家族へ連絡が行き、地域包括支援センターで行います。

ケアマネが決まると後はお任せ。介護保険のことからヘルパー、ベッドまで全部対応をしてくれます。

しかし、全部対応をするだけあり、介護を行う際のケアマネの権限は強いものがあります。

介護保険を使う時には、すべてにおいてケアマネの了解がないとできません。例えばヘルパー、看護師、車椅子を借りるなど。

このサービスを使いたい、このサービスをいらないと思ったときにはケアマネの許可を要します。

逆にサービスを変えたいときや苦情があるときは、ケアマネが代わりに行ってくれますので、メリットも多い面もあります。

このように権限のあるケアマネの”ケアプラン”と呼ばれる計画書に納得がいかないときも、納得がいかないと言いにくい状況が作られてしまうことがあります。

その際にMeditはケアプランを見直し、ケアマネへ代弁を行うことができます。実際に訪問サービスを行うスタッフが確認し、ケアマネと協議を行います。

また介護費用、実際の介護の仕方など、介護におけるすべての困りごとに対応をすることができます。

実際に介護を受ける方と行う方の思いを反映できるように、継続的なサポートをさせていただきます。

 

訪問診療、訪問看護は、病院への通院が難しい方のために、自宅に医師・看護師がきてくれるサービスです。

ですが、通院が難しいという条件があり、訪問看護は通常介護保険で利用するため点数を超えてしまうことも。

日頃の小さな健康のことや生活のことを相談したい!このようなときに、当サービスをご利用ください。

定期的な見守り訪問に加え、血圧や酸素濃度、検査データの説明など健康管理をサポートいたします。

要介護にかかわらず利用ができ、まだ介護が必要じゃないが心配という健康な方もご利用できます。

例えば当初健康管理サービスを申し込んだが、ある月は他の相談がしたい時にもご相談ください。

料金そのままで、当社研修した健康管理のできる専門家が訪問をし、看護師へ報告をいたします。

お金の相談、ダイエットの相談、終活の相談など、どのような相談事でも変更ができます。

健康を維持することが最大の節約になり、いつもでも自分のしたい生活を送る秘訣になります。

生活の総合窓口として、多様な相談に対応しておりますので、お早目のご利用をオススメいたします。

老後の費用は一般的に、年金+3000万程度の貯蓄が必要と言われています。

ですが、これには介護費用や病気に関する費用はありません。それらが必要な時には、さらに準備必要なのです。

平均寿命(最期までの年数)と健康寿命(介護が不必要な年数)との間には、10年ほどの差があります。

平均すると、10年程度は誰かの介護を必要とする時期があります。程度は個人差があり、一概には言えません。

また認知症や判断力の低下から、買い物や他人への奢り、金銭を騙されたり本人の好意で渡してしまう事があります。

お金の管理は、本来は持ち主が行うため、いかに家族とは言え管理を行うことはできません。

そこで、成年後見制度というものがあります。これにより、お金や家の管理を代わりに行ってもらえます。

老後の費用の準備には、ある程度の期間を要しますし、認知症などはいつ起こるかわかりません。

事前の準備を行うことにより、いざという際に対応ができます。慌てる前に、まずはお声がけください。

 

ご家族が転んでしまったり、道端で倒れて救急搬送となった時に、家族がすぐに駆けつけられないことがあります。

仕事を休んだり・早退ができない、距離が遠すぎてすぐにいけない、子供の世話がある。理由は様々です。

入退院に必要な準備や手続きなど、昼間の受付が空いている時にしなければいけない事もあり何かと大変です。

ご家族に代わり、病院へ急行し手続きや身の回りの世話を代わりに行わせていただいております。

前もってご契約いただけている場合、一定の条件において入院一時金を代わりに支払うことも行っております。

家族の急病で慌ただしいご家族の片腕となれるように、様々なサポートをご用意させていただいております。

万が一、退院後に介護になる場合や入院中の治療方針の会議に出席できない時には、専門家が代わりに出席をいたします。

事前に打ち合わせた内容に応じて、医師や看護師、ケアマネへ希望や情報をお伝えし、適切な対応を致します。

それぞれ生活や家庭があり、すぐに対応できないケースは、最近増えつつあります。

それぞれの未来設計を進めていくため、精一杯のサポートをさせていただきます。まずはご一報をお持ちしております。