検体測定室

 

 

 

体の健康を管理するために、病院などで採血やレントゲンなどの検査をします。

1回目受診し、2回目検査し、3回目結果を聞く。時間だけ取られてしまい、嫌になった経験はありませんか?

特に働き盛りな20代、子育て世代の30代、まだ大丈夫と思ってる40代の方は、あまり検査を健康管理に興味を持たれている方は多くありません。

ですが、今めんどくさがっている事が10年、20年後に牙を向け襲いかかってくることがあります。痛みもかゆみもない糖尿病が代表例です。

一度罹ってしまうと、生涯のお付き合いになります。また糖尿病から罹る病気はたくさんあり、合併症にも注意が必要!

たった 500円~ 始められて、一回あたり 5分 で終わる検査でしたら、コーヒータイムに検査ができます。

さらに看護師による健康セミナーが合わさり、体の中身を目と耳で確かめ、自分で健康の管理ができるようになります。

 

 

本来採血などの検査は、医師の指示のもと、登録した機関で検査を行わなければいけませんでした。

しかし、最近の生活習慣病の増加や受診率の減少により、今と同じ制度では生活習慣病者の増加を防ぐことができないとされています。

そこで、簡易的な検査を多くの場所で受けることができる事で、体のことに興味をもち生活習慣病の予防に繋げたいと考えました。

医師を始め、一定の医療職者が届け出のもと、商業施設や公民館、自宅の一室などで簡易的な採血ができるようになりました。

最近は薬局で受けられる場所が多くなり、ドラックストアなどにもポスターを見かけることが多くなりました。

検査の方法は簡単!測定用の針で指先から米粒大の血を絞り、検査測定器に吸わせるだけ。早いものは検査の準備から終わるまでで、5分程度しかかからないものもあります。

※厚生労働省HPより引用

 

検査項目は少なめで、糖尿病や肝臓病、コレステロールなどの数種類のみ。しっかり検査するためには、病院にいくことが欠かせません。

でも受診を3回してかかる総額と時間を考えると、検体測定室で検査しつつ受診をした方が健康管理もしやすいと思います。

でも一つ疑問が。検査結果がわかっても、どのように病気を予防したらいいの?そもそも糖尿病ってどんな怖いことがあるの?

検査結果を知っても、それを活かして予防・治療に繋がらなければ意味がありません。現在行っている検体測定室では、そこまでのサービスはみられません。

 

ラフィットは、実際検査をして目で数値を確認!その前後で受ける講義で、どのような病気で、どのような予防があるかをレクチャーします。

つまり、検査結果を知った上で自分にあった予防方法・治療方法などがわかり、自分で健康管理ができるサポートをいたします。

原則検体測定室は医師がいないため、診断に繋がる説明や判断はできません。また検体を測定するだけで、個別に相談を受けることができません。

ですが、講義やセミナー形式で一般的な検査結果の説明、予防・治療法をお伝えすることは、健康管理に繋がる大切なサポートになります。

また検体測定に合わせて看護師による健康チェックサポートもあり、血圧や体組成計、血管年齢など様々なサポートもご用意。

病気になって病院に行くと、毎年数万程度の医療費が10年後には数十万以上の医療費へ膨れ上がります。病気を予防することで、海外旅行にいけるお金がなくなります。

若いから、健康だから、まだ大丈夫は危険なサイン!体の中から健康状態を知り、楽しいライフを送りましょう。